京都洛西予備校は、京都西京区、桂にて京大、阪大、同志社、立命館などの難関、有名大への現役合格にこだわります。

お電話でのお問合せ075-393-5853

Home » 合格実績 » 合格者の声

合格者の声

2018年合格者 喜びの声が届きました

大阪市立大学 理学部 合格
立命館大学 生命科学部 合格
私は高校1年生のときからこの予備校に通っていました。1.2年のころは学校の授業や行事についていくだけで精一杯で、塾の授業をよく休んでいました。しかし2年後半になりこのままではいけないと気付き先生と相談しながら受験も意識して勉強しはじめました。私は一人で勉強計画を立てて順序よく進めることが苦手でした。だから、模試ごとに今何をすべきなのか、次の模試までにどの教科を重点的にするのか、などを先生とじっくり話せたことで最後まで諦めずに最後までやり遂げることができたのだと思います。 多くの先生方に支えてもらいながらこの予備校に通い続けて本当に良かったです。ありがとうございました。
H・Yさん (堀川高校)
大阪市立大学 理学部 合格
立命館大学 薬学部 合格
京都薬科大学 薬学部 合格
僕は洛西予備校に1年の初めから入りました。学校に通っているだけでは知ることができないことを勉強以外にもいろいろ教えてもらいました。僕はセンター試験4日前にインフルエンザになって結果も期待していた点数よりも低く、その時は国公立は無理だろうからなんとか私立を受かろうと半分諦めていました。でもいろいろな先生方と話してなんとか自信を持って受験に行くことができました。 三年間この予備校に通って得た知識は受験に限らず、これからの生活で役に立つ一生使えるものとしていけたらと思います。
S・H君 (洛西高校)
大阪市立大学 経済学部 合格
立命館大学 経済学部 合格
関西大学 経済学部 合格
私がここに通い始めたのは高校2年の冬期講習からです。それまで通っていた個別パーソナルの先生に薦められて入りました。洛進の集団授業を受けるのは中学入試以来で、そのときに先生達の厳しさをよく覚えていたので、「ここも厳しいのでは?」とはじめは思っていましたが、先生方は私達の個性を尊重して下さり、私が辛い受験生活を乗り切る上での支えとなって下さいました。3年になってからは周りの人の成績ばかりが気になり、自分に対して自信が持てず、焦りがちでした。しかし、センター試験を乗り切ると心に余裕が生まれ、落ち着いて二次にのぞむことができました。これから受験生となる皆さんには、周りを意識しすぎず、自分の勉強法をつらぬいて欲しいと思います。そうすればきっと良い結果につながると思うからです。
M・Y君 (西京高校)
京都工芸繊維大学 工芸科学部 合格
関西大学 環境都市工学部 合格
僕は3年生の5月ごろにこの予備校に入りました。それまでは部活動をしていて、普段はあまり勉強もしておらず、テスト前だけがんばる人でした。なので模試の結果もよくなくて、国立に行くのは無理なのかなとも思っていました。でも先生は大丈夫と言ってくれてどのように勉強をすればいいのかも丁寧に教えてくれました。そして僕はその通りにすれば大学に合格することができました。僕は大学受験の勉強において最も大切なことは、常に謙虚に居て、自分よりも勉強に詳しい人の言うことを聞いて、それをやりきることだと思います。この洛西予備校に来て本当によかったなと思っています。
Y・M君 (洛西高校)
京都府立医科大学 医学部看護学科 合格
私が塾に入ったのは2年生の夏でした。学校では理数発展のクラスにいたので、人並みに勉強はできると思っていました。しかし、塾に入って大学受験がいかに厳しいかを知り焦りました。秋から冬頃からは本格的に受験を意識して勉強し始めましたが、模試の判定はなかなか伸びず、挫けそうになることもありました。正直、受かるかどうかとても心配だったのですが、先生に受験対策をしていただいたおかげで第一志望に合格することができました。自分の受験番号が載っていた時の感動は今でも忘れられません。塾の先生方や友達、塾に通わせてくれた親には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。
Y・Hさん (洛西高校)
明治大学 商学部 合格
同志社大学 商学部 合格
関西大学 商学部 合格
僕が洛西予備校に通い始めたのは3年生になってからで、当時は部活もしていて勉強も定期テスト以外の勉強はしていませんでした。予備校に通い始めの頃は、授業についていくことで精一杯で、僕より前から通っている周りの皆との間にとても大きな差を感じて、そこから少しずつ勉強に対する意識が変わっていきました。洛西予備校では、先生方が勉強のことだけでなく大学に行って社会人になった後でも役に立つような言葉をかけてくれたことが勉強へのモチベーションにもなったと思います。大学では、ここで学んだ知識を活かして自分の視野をもっと広げたいと思います。
T・T君 (桃山高校)